症状に適したお薬との付き合い方

医薬品のネット販売解禁と、正しいお薬の飲み方

今年、ついに「医薬品のネットでの販売」が許可され、私たちの毎日を取り巻くお薬の状況は新しく変わりつつあります。
このサイト「健康な毎日のサポート情報」では、”ネット販売の解禁”を機に”お薬に対する作用”や”服用方法”についての再認識を行うために、お薬に関する情報を、一般の方からの体験レポートを中心に、幅広く提供しています。

知っておきたいお薬の基礎知識

飲み薬は、コップ1杯程度の水(白湯)で飲むことが基本です。
これは服用したお薬が水(白湯)に溶けることで吸収を促すためなのです。
水分ならばいいだろうと、お茶やジュースで飲む人もいますが、お薬の成分が変化したり弱くなる場合もあるので避けましょう。
また、時々水分を取らずにお薬を飲む人もいますが、食道や胃の粘膜を傷める原因にもなりますので辞めたほうがよいです。
お薬を飲むタイミングはお薬ごとの説明どおりに従います。
医者から処方された薬でも、薬局で市販されている薬でも、どのタイミングで服用するかが書かれています。
通常、お薬は食前(食事をする前30分くらい)、食間(食事の前または食後2時間を目安に)、食後(食後30分以内)に飲むようになっています。
また、食直前といって食事を取る10分ぐらい前を目安として服用するものもあります。
以上のような用法を守って、飲むことでお薬の正しい効果が得られるのです。

おすすめ情報の紹介

年をとるにつれて、どうしてもED(勃起不全)の問題は出てきてしまうものです。
改善方法として効果的であるバイアグラを非常にお得な価格で購入できるホームページです。

お薬の効果に影響を与える食べ物

ただしお薬に影響を与える食べ物もあるので、食事には注意が必要です。
お薬に含まれる成分と食物に含まれる栄養素などが思わぬ効果を引き起こすこともありますので、購入の際に医師や薬剤師の適切な指導を受けましょう。
購入したお薬は、直射日光をさけ、涼しく湿度の低い場所で保管するのが望ましいです。
薬材は高温・多湿・直射日光を嫌います。たとえば、気密性の高い缶などに乾燥剤と一緒に保管すると良いでしょう。
医師から処方された薬は、投与日数が使用期限と考えて飲み忘れのないようにしましょう。
残ったお薬の使いまわしは危険です。
市販のお薬は製造後3〜5年といわれています。お薬のパッケージを良く読み、期限内のものを服用しましょう。
ネット通販のメリット
2013年、一般用医薬品をネット通販での取り扱いについて「販売規制を無効とする」という最高裁判決が下されました。
お薬をネット通販で購入することが可能になったのです。
ネット通販の最大のメリットは対面販売が気になるお薬(痔の薬など)が通販で買えるということでしょう。
時間的・地理的な制約もなく購入できるのもメリットといえます。
しかし、急を要する場合はやはり薬剤師のいる店頭販売を利用しなくては間に合いませんので、ライフスタイルに合わせながら、ネット通販と店頭販売を上手に利用すると良いでしょう。